ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『太子妃狂想曲』
    『傾城の皇妃』
    『二人の王女』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« ショブラの『水滸伝』 | トップページ | 五覇岡会に行って来ました。 »

2011年8月11日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

暑さと寒さに弱いふたばです。coldsweats01
毎日、暑いですね…皆様お元気でしょうか。
最近すっかり更新ペースが月イチになってますが
こんな寂れたブログでも見てくださってありがとうございます。
とりあえずこれからもマイペースですが…

昔買って放置したままの
『東邪西毒』(邦題:楽園の瑕)の「終極版」を見てみました。

(↑こちらは終極版ではありません)

でも…むか~~し、武侠も全く知らなかった頃、
『楽園の瑕』を見ても良くわからなかったので、
今回見るにあたって、再度観賞。

…が、やはり終極版も元のも両方
途中で何度も寝落ちしてしまいました^^;

それでもまあ、終極版の方が多少はわかりやすくなってると
言われるとおり、多少はお話の内容がわかりました。

というわけでネタばれアリで…
寝落ちしながらも判明したことは…

実はオムニバス形式だったこと。

黄薬師はモテ男だったこと。

黄薬師も欧陽鋒の兄嫁が好きだったこと。

独孤求敗は黄薬師に振られた女性だったこと。
(しかも振られた腹いせに強くなった…)

トニー・レオンの役はオリジナルキャラだったこと。

洪七公の名前が七公じゃなくて七だったこと。

いやはや…
東邪と西毒から想われる兄嫁役のマギー・チャン…
美味しい役です~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、話題は変わって、
スカパーのNECOさんで放送中の『書剣恩仇録』の後は
ニコラス・ツェー主演の『大人物』だそうです。

思えば数年前に、日本語版が出るまで待とうホトトギス
状態だったので、待った甲斐がありました。
楽しみです!

↓中文版DVDのPVのようですがネタばれアリかも…?

~~~~~~~~~~~

またまた話題は変わって、
張Pの『西遊記』が中国で放映スタートになったそうですが、
孫悟空の呉越さんは特殊メイクのせいで表情が乏しく
評価がイマイチなようです…あらら南無阿弥陀仏…。
新ドラマ『大武当』の撮影がスタートしたので
まあ懲りずに頑張ってください…。
どうやら明代と現代が交差する内容の古装劇のようですね。

樊少皇が出演のこれまた偶然同じタイトルの『大武当』の映画もありまして、
こちらは民国が舞台のようですね。ヤン・ミー&趙文卓との共演とのことで、
どちらも楽しみです。

« ショブラの『水滸伝』 | トップページ | 五覇岡会に行って来ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ完璧に日本でスルーされてしまいましたね。音楽もヨーヨー・マ使って新録音し、
金掛けてたのに(笑)
まぁ金庸非公認の映画なんでしゃあないですな。

今更『大人物』ですか??そろそろ駒も少なくなってきたんじゃないですかね。
これの片頭曲イマイチなんですよデュエットのやつ。
中年楚留香出てきたのには笑いました。

この次はおそらく『浣花洗剣録』でその後は『流星胡蝶剣』じゃないですかね多分。


『新少林寺』11月に公開で、『孔子』も公開されます。

>根無し草さん

終極版、音楽変わってたんですね?
気づかなかった…(爆)
やっぱりアート武侠ですね~。
静止画にすると絵になる映画です。

おお!?ニコ三部作!!w全部来ますかね~!?
どれも未見なので放送されたら嬉しいです。

そして『新少林寺』公開ですか!
お知らせありがとうございます!これまた嬉しい^^

そうそう音楽変わってましたよ。一曲目の冒頭、レスリーの台詞が少し入ってます。
これ、DVDぐらいは日本版出ると思ってたんですけど結局出ませんでしたね。

取り敢えず、古龍原作のが続くかも??『陸小鳳』なんか個人的には見たいですが。

ジェット・リー主演の『白蛇傳』、予告観ましたけどもCG多かったです。

>根無し草さん

そうですね~金庸原作のはもうひととおり
すんじゃいましたもんね~。
あと残ってるのは…「侠客行」くらい!?

古龍のは「楚留香」すらまだ未見だし、
梁羽生のは「七剣~」後編どうなった!と言いたいし^^;
黄易原作のとか面白そうです。

ほ~『白蛇傳』!倩女幽魂テイストな感じなんでしょうかね~
それは見てみたいです。

上の『白蛇伝説』でした。黄聖衣も出てるんですけど、今回はわがままな役ではないと思います(笑)

今年のドラマは、梁羽生の『新萍蹤侠影』というのと根据同の『剣侠情緑 蔵剣山庄』
てのがもうDVD出てますけど、後者のはどうやら現代から過去に行くみたいなやつ
みたいで、ニコラスとTWINSのマジメ?な子の方が主役です。

黄易のはまだ大陸では製作されていないのでは???

>根無し草さん

>『剣侠情緑 蔵剣山庄』
お~タイムスリップ系のお話ですか?
面白そうですね~
あ、その前に「神話」も未見だった…。
私の観賞スピードでは追いつかないなこりゃ…。

あ、黄易のは製作されたら見たい!という意味でした^^

ブームが去ったとはいえ、日本みたいに『水戸黄門』が終了し、民放から
時代劇がなくなるみたいにならないのはいいですね向こうは。

MAXAMとNECOはこれから取りこぼしてた作品を拾っていくんでしょうか???

>根無し草さん

>時代劇
もう大河と単発でしかお目にかかれないとしたら
なんだかちょっぴり寂しいですけど、
時代の流れを感じちゃいますね~
今じゃ地上波はニュースぐらいしか見ないし^^;

その点あちらは古装ドラマの資金はいっぱいありそうで…
というかターゲットが幅広いから、いいんでしょうね~

とりこぼしでも何でも追いつかない私は全然OKですw

昨日はわざわざのお土産ありがとうございました。

>東邪西毒
「終極版」は結構カットしたシーンが多くて、それがお気に入り部分だったので残念。
小生の記事ご参考・・・・ http://mariott.blog21.fc2.com/blog-entry-382.html

この映画のお話の流れですと、欧陽克は、欧陽鋒の実子で、克はその秘密は知らない、となります。 そうすると、射チョウ本編での、鋒-克の微妙な関係・やりとり・お互いの思いが理解できてしまう。 また、欧陽鋒と黄薬師が、むやみな敵意識を持つのは、恋敵だったから・・・となります。
と、カーワイが・・・だろうと想像して造った、と私が想像しております(笑)

独弧求敗は、慕容家の末裔、つまり天竜八部の慕容復の子孫と設定。 で、楊過と令狐冲の幻の師匠・・・その上、東方不敗で超有名なブリジット・リンをキャスティング・・・と、カーワイもこの辺強引につなげています。

ということで、大好きな何回でも見たい作品です。

>Marioさん

ちゃんと無事にお返しできてほっとしましたhappy01

兄嫁さんがマギー級と知り、克の出生に納得しました
たんなるエロおやじじゃなかったので安心(?)しましたわw

慕容の姓で、私もおっと思いました、なるほど慕容復の子孫ですか~

何度も見直すと味わいが出てくる作品なんですね~
手間がかかっただけあって一度だけではもったいないということで
奥が深いです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/41173748

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑お見舞い申し上げます:

« ショブラの『水滸伝』 | トップページ | 五覇岡会に行って来ました。 »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.