ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『太子妃狂想曲』
    『四大名捕』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 震災に思う | トップページ | 『三国志Three Kingdoms』群雄割拠編 »

2011年4月17日 (日)

『倚天屠龍記』見終わりました

毎週普通に観賞できる有難さををかみしめつつ…、
昨年からCSで放送されていた『倚天屠龍記』が先日最終回を迎えました。
キャストなどはMAXAMさんの公式サイトへ。

倚天屠龍記(いてんとりゅうき)DVD-BOX1 DVD 倚天屠龍記(いてんとりゅうき)DVD-BOX1

販売元:マクザム
発売日:2010/10/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『射鵰英雄伝』『神鵰侠侶』に続くシリーズの完結編です。
『神鵰侠侶』のお話から約80~90年後の江湖では
手にすれば天下に号令できると伝わる「倚天剣」と「屠龍刀」をめぐり
激しい争奪戦が繰り広げられておりました。

武当派の張翠山と、明教の一派である天鷹教の殷素素を父母として
生まれた武林のサラブレッド(?)張無忌は何者かに
打ち込まれた「玄冥神掌」の内傷により明日をも知れぬ身となり、
父の師父、張三豊に連れられて、
治療を求め旅に出たのでありました…。

ということで、ネタばれアリで思ったことをとりとめなく書いてみました。

今回は明教、武当派、少林派、峨眉派がメインで登場しましたが、
前作『神雕侠侶』で人気の高かった郭襄が開いた峨眉派の
暴走ぶりが際立ったお話です。
ううう…郭襄が聞いたら泣いてるよ~~。

主人公の張無忌クンも、『笑傲江湖』の令狐冲のように
正派と明教の間で板ばさみとなって苦悩してるんですが、
そこは主人公なんだからバスっと決めて欲しかった…

趙敏が本命のクセに芷若を切れずにふらふら~としてるのは
「健康にただちに影響ありません」という会見を聞いてるのと同じく
イライラが募り「結局本当はどうなんよ!」と言いたくなります。

金庸センセも無忌は指導者向きではないが、いい友達にはなれると
小説のあとがきに書いてあったような…。
確かに、優柔不断が玉に瑕、困ってたら助けてくれそうだけど、
江湖のヒーローになるにはちょい不足か!?
実力なら「九陽真経」と「九陰真経」のダブル真経+「乾坤大挪移」で
内功最強クラス入り確定なんだけどな~。

周芷若も芷若で、真相がバレてしまった後も無忌&趙敏に
付きまとってるようで…。どうぞ峨眉山にお引き取りください…。
というかこのまま一生ストーカーされそうな予感が…。コワイよ~。
三妻四妾のご時世なら、いっそ二妻でいっときますか…。

ホントは一番の元凶は滅絶師太で
芷若はただ師父の遺命に忠実なだけ…
とも考えられるけど、いやいやいや、
手段を選ばぬ陰険なやり口は趙敏よりも性悪ですよ。
芷若本人が峨眉派に連れて行かず、武当派に置いてくれてたなら…
なんて言ってましたが、どうでしょうか?
滅絶師太の悪影響を受けずに
案外普通に宋青書とくっついて丸く収まってたんでしょうか!?
『天龍八部』の馬夫人みたいになってたり…。


芷若、ライトあたり過ぎ…顔のパーツしか映らんゾ…。

反対側のライトはそうでも無い…?無忌が黒いのか芷若が白いのか…

そういや投票パーツを設置してましたが、人気度では
小昭をおさえて趙敏がダントツ1位でした。ヒロイン強し、です。
女優さんの好みでいうと今回私は蛛児(殷離)なんだけどな~。
(傷メイクとったら可愛いはず~~)
シャレで入れていた金花婆婆にも票が入ってるのには
さすが江湖、好き者多し…です。
残念なことにこの投票パーツ、5月末で使えなくなるそうです…。
けっこう便利だったのに~~。
男性バージョンも作っておくべきだったかな…?
張無忌がふがい無いこともあり、私のイチ押しは…

トルン兄貴!じゃなくて…、明教光明右使、范遥!
ティギスに振られた?後、単身敵方に潜入!かっちょいいっス!
新版『水滸伝』では林冲役だそうです。

今回の『倚天屠龍記』は話の筋はだいたい原作どおりだったので、
ふむふむcatfaceそう来たか…などと余裕の佇まいで見ていたのですが、
最終回でかなりサプライズがあり、「何ぃイイ!」「どへー!」と
久しぶりに楽しませていただきました。coldsweats01

特にべっくらこいたのは無敵の兵法書、「武穆遺書」を
張無忌が入手できたのにもかかわらず、
あっさり趙敏パパ率いる元軍にやられて、
趙敏の懇願により元軍が撤退したわけですが、
それで、敵は退いたぞーって武林連合軍で酒盛りするところ…。
すべて趙敏のおかげじゃないですか~~。
いいのかぁそれで!?武林の至宝が…。

…と、いったところで、お次は『書剣恩仇録』です。
ウワサでは原作からかなり脱線してるらしいので
毎週突っ込みながら見るのが楽しみです。

« 震災に思う | トップページ | 『三国志Three Kingdoms』群雄割拠編 »

電視劇(TVドラマ)」カテゴリの記事

コメント

滅絶師太は若い頃、男性絡みでなんかあったんでしょうかねぇ。
あのお二人の子孫の出番は原作より増えていました。

全体的には原作に忠実に作ってあり、まぁ可もなく不可もなくというところだと思います。

次は『書剣恩仇録』ですか。あれはこう来たか、というアレンジになっています。
しかしこの続きで『雪山飛狐』は作れないです(観てのお楽しみ)。
殆ど乾隆帝が主役みたいなもんでした。

そういえば大阪の上海新天地の映画、ドラマのDVDコーナーが無くなってしまいました。
結構便利だったのになぁ・・・・・

>根無し草さん

>滅絶師太は若い頃
たしか原作では滅絶師太のお兄さんが楊逍に憤死させられたとかで
かなり恨んでたみたいです。

最近記憶力の衰えにますます拍車がかかってるようで
『書剣~』の話も忘れかけ…
案外すんなり見れるかも…なんて思い始めてますcoldsweats01

>上海新天地
そういやめっきり行って無かったです…。
ネットショップに押されて不振だったんでしょうか…。
ううう~残念~!

終わりましたね~。
なんとか、鑑賞できました!

私も女優さんの顔立ちで言うと、
蛛児(殷離)と不悔ですね~。
(でも妄想の中の蛛児の花嫁衣装のドピンクの口紅は…!)

周芷若は、後半、悪くなってからが良かったですね。
しかし何度もしつこくしつこ~く言い寄るのは、
確かにイライラ(^^;

ヘンテコリンなCGやら合成画像やら、
多用されてましたが、
久しぶりの、再放送じゃない、新作をTVで見れて、
嬉しかったです!

>阿吉さん

蛛児は不憫でしたが
不悔は堅実でしたね~確実に無忌より幸せですよ
無忌に近づかなくて正解~!?

たしかに…芷若はダークサイドに堕ちてからの方が
美人になってましたね~coldsweats01
夜に登場するたび毎回ライトあてすぎじゃあ!って
突っ込んでました(笑)
そういや普通に蛛児の法事なんかしてましたが、
少林寺って女人禁制じゃあ?なんて思いつつ見てました。

とりあえず三部作完結で、ひとくぎりって感じですね!
さあ次は書剣だ~!

そうでしたかね。原作読んだの大分前なんで忘れてますな(笑)

書剣恩仇録は去年観終わってるのでアレですけど、王晶版『雪山飛狐』と比べたら
かなりマトモな作品だとは思います。

只今は『侠骨丹心』の鑑賞中です。

『楚留香伝奇』が放送される日は来るのだろうか???

こんばんは
ご覧になったんですね
やっぱり最終回原作とちょっと変えてありましたよね
もう私もうろ覚えなんですが・・・(苦)
最後ほっとしたかと思いきやの芷若の登場が
怖かった~「キャリー」のラスト並みに怖かった(笑)です
あの悪辣ぶりは阿紫や郭芙よりもびっくりでした
もうしばらく金庸ドラマの張P版はないらしいですが
これにこりずまた見て見たい気もします

>根無し草さん

『雪山飛狐』よりまともですか~
半分安心、半分がっかり…な心境かも…coldsweats01

『侠骨丹心』はアクションに力入れてると聞いてるので
ちょっと期待してますが、チェンロンの濃い顔を見ると
『游剣江湖』みたいにならないか、これまた心配だったりしますw

『楚留香伝奇』ですか~私もいつになったら見れるかな~^^;

>たかさん

そうですね~金庸ものだとまだ残ってるのは
『侠客行』とか短編ものぐらいしか無いですしね~
しばらく張Pとは縁遠くなるかも知れません。

芷若がもとから性悪だったのか
途中で歪んだのか
無忌のせいなのかビミョーですが
できるだけ近づきたくないキャラです~。
白×ブルーのあの衣装は結構好きだったんですが…coldsweats01

白浮き芷若を見た瞬間、デビ夫人を思い出してしまった~。
なんでも熟女タレントは、顔にガンガンライトを当ててもらって、
老いを隠すそうですわ~。
ということは~(爆)

胡東の范遥、かっこよかったよね~。
30年前設定の若かりし頃の范遥は、
ドラマの中で一番のイケメンでしたね(赤面)

第九集まで観たのですが以外?にマトモですよ。
チェンロンもこっちの方がイイと思います(笑)

御馴染みの顔も結構出てますし、久々に2000年版『笑傲江湖』で岳不群の娘やってた女優さん見たんですけど・・・・・・老けてるんですよね(爆)

アクションは確かに力入ってます。あまりCGは使ってません。
取り敢えず楽しんで観ようと思います。

『蘇乞兒』、6/26、シネマート心斎橋で公開です。タイトルは『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』といかにも80`Sチックなタイトルで・・・・・

>阿銀さん

ということは芷若役の女優さん、
けっこうサバ読んでるんでしょうか〜
『三国』の大喬役でまたお目にかかれそうです。
無忌役の鄧超もけっこうキャリア長そうだから
そこそこなお年なんでしょうかね〜

胡東は画像を検索すると古装の方が
断然似合う気がします。
また何かで出て欲しいな〜〜happy01

>根無し草さん

では『侠骨丹心』そこそこ行けそうですね!
ちょっと楽しみになってきました。

>『蘇乞兒』、6/26、シネマート心斎橋で公開です。
またまた情報ありがとうございます!
行けそうなら見に行きたい!

永楽英雄児女伝は、いつ出ますか!?
(?_?)

>水口恵さん

ごめんなさい~私にもわかりません…
MAXAMさんの手持ちのパンフレットには
今年中にリリースされるようですが…。
『侠骨丹心』のセルDVDが5月末なので
それ以降じゃなかと思われます。
MAXAMさんのサイトhttp://www.maxam.jp/
で案内があるかと。

『永楽英雄児女伝』は晩夏~秋には出ると思います。

『流星胡蝶剣』や『楚留香新伝』も発売されるといいですね。

NECOで放送するにしても、まずDVDで発売されないと無理ですから。

金蛇郎君やってた焦恩俊主演の『侠隠記』は出ないでしょうが。

オジサンなので(笑)

>根無し草さん

『永楽英雄児女伝』はパンフの解説を読むと
気楽に見れそうで、なんだか面白そうですね~
なにげにチェンロン、また出てるし~~

私的には焦恩俊主演でも
なんら没問題なんですが…むしろ嬉しいかも…w

私はかなり好きな作品になったのですが、(クライマックスの無茶は置いといて)
皆さん結構厳しいですね(笑)私が甘いのか・・・。

小説を読んでないからなのかな?
いつも他のブログでの感想を読んでいると、なんか私はズレてるんですよね・・・。

一度小説も読んでみます。

チェンロンはこの時期結構この手のに出てますね。

まぁ原作通りでもシーンによっては活字で読むのと映像で見るのと印象変わる場合
あるので難しいところではあります。

武侠でも何でも言葉の羅列でけなす事は出来ますが、知識がないと褒める事は出来ません。

焦恩俊、結構主演作あるんですけどね。二時間スペシャルみたいなのも。
何せ、古装片の貴公子ですから・・・・・(笑)

>4/26 23時の書き込みさん

いえいえ作品が不満なのではなく
キャラの性格について辛口だったかも!?
お話自体は面白かったですよ~~
小説読まずに見た場合は
先がわからない分、ドキドキ感が楽しめますよね~happy01

>根無し草さん

>二時間スペシャルみたいなのも
おお~それはお手軽に見れそうですね~
台湾のゴールデンで放送されてるんでしょうかね~
「土曜ワイド武侠劇場」とかあったりして…(笑)
いいな~台湾…happy01

そうみたいです。

ただ如何せん情報があまり入ってこないのと、日本で発売される作品には殆ど出演
されていないのではっきりとはわかりません。

こういう中年以上の方が主演されてる武侠作品も結構多そうです。

作家名は忘れましたが現代の武侠作家で、中編モノで評価が高い方がいるそうで、
それらが原作のドラマが結構あるみたいですよ。

>根無し草さん

テレビの2時間ドラマだとDVDにも
ならないのが多いでしょうから、
きっと埋もれた作品も多いんでしょうね〜

神雕侠侶を見終わったので、続けて倚天屠龍記を見始めました。あまり期待してなかったのですが意外に面白くて嬉しいです。武当山、武夷山の雄大な景色や建物を見れるのも嬉しいです、実際に行って武侠ドラマごっこなんかやりたくなってしまいますねー。

>京夜さん
もう倚天屠龍記ですか!観賞ペース速いですね!
実際行くのもいいですね〜。
きっとむちゃくちゃテンション上がりますよhappy01
ググると武侠ツアーなどで行かれた方の旅レポがあったりするので読むのも楽しいです。

僕はハマルとそればっかりにのめり込むので鑑賞ペースが早いと思います。峨嵋派の滅絶師太と弟子の周芷若が魔女みたいになったりして怖かったけど良かったです。あー言う女性のキャラけっこう好きなんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/39636837

この記事へのトラックバック一覧です: 『倚天屠龍記』見終わりました:

« 震災に思う | トップページ | 『三国志Three Kingdoms』群雄割拠編 »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.