ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『太子妃狂想曲』
    『傾城の皇妃』
    『二人の王女』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 予告編いろいろ | トップページ | リリースが目白押し… »

2010年10月15日 (金)

『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』

地上波でやってたのを録画してたので観てみました。
原題は『The Mummy/Tomb of the Dragon Emperor』

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] DVD ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/04/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主なキャスト…
ブレンダン・フレイザー
李連杰(ジェット・リー)
マリア・ベロ
ルーク・フォード
梁洛施(イザベラ・リョン)
楊紫瓊(ミシェル・ヨー)
黄秋生(アンソニー・ウォン)

あらすじは以下goo映画から引用しました。

幸福だが退屈な日々を過ごしていたリックとエヴリンの夫妻は、秘宝「シャングリラの眼」を届ける任務を受け、一路上海へ。ジョナサンや息子アレックスと再会し、アレックスが発掘した皇帝のミイラを見学しに向かうが、皇帝の復活を目論むヤン将軍に襲われてしまう。「シャングリラの眼」を手にしたヤン将軍は、秘宝の力で皇帝のミイラを目覚めさせることに成功。リックたちは謎の女性リンと共に逃亡した皇帝とヤンを追うが……。

知ってる人がいろいろ出てきたので楽しめました。
いきなし始皇帝を襲った刺客は荊軻…じゃなくて
この人でした。

呉京!こんなところに出てたのね~!
一瞬で出番が終わっちゃいましたが…、ハリウッド進出第一作?
今後も頑張ってくださいね~

…と次に目がいったのが、ミシェル・ヨー演じるツイ・ユアンの家!

ここは!う~んデジャブか!!もはやロケ地の定番、蒼岩山!!
行ってみたいよ~。
と、テンションがあがる私にさらに突っ込ませたのが
謁見の際の肩出し衣装…。

范冰冰に対抗!?いや衣装さんがビンビンと同じ人だったりして(笑)

しかもある意味李連杰より出番が多くて活躍してたのは
アンソニーでしょう!
結構出ずっぱりでかなり目立ってましたね~。

雪山シーンではつい胡一刀を思い出しニヤける始末…coldsweats01

で、肝心の皇帝役の李連杰ですが
普段はCG姿だったので、最初と最後ぐらいしか
まともに出てないのでありました…。

で、気になったのがこのセリフ。
「自由は秩序の敵だ!」

蘇った皇帝が世界征服宣言をするシーンですが、
秩序を名目に言論統制しちゃう国VS自由主義の構図が
暗に匂わされ、う~んなんともタイムリー。
劉さん受賞おめでとうございました…。

« 予告編いろいろ | トップページ | リリースが目白押し… »

電影(映画)」カテゴリの記事

コメント

このシリーズ、主役の嫁さん役がこれから代わったんですですね。
スピンオフの『スコーピオン・キング』まで作られて人気ですけど、これの原点は
ミイラ男の『The Mummy』で、えらい代わり様ですね(笑)

まだまだ作られる予感が・・・

韓国の『一枝梅』が中国でリメイクドラマ化されますけど、ネタには困らない筈なのにね。

ふたばさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

>根無し草さん

遺跡の宝探しのお話は結構好きなので
シリーズ化は歓迎ですが、4~5作くらいが限界でしょうかね~。

『一枝梅』ってついよく似たタイトル名の『一剪梅』と間違えそうになります。
こっちは民国物の昼ドラ系みたいですが…

>まっぴさん

ご紹介ありがとうございました。
サイト拝見しました。
日本公開へ向けて活動されてる方の熱意を感じます~。
具体的に行動されてるところがすごいです。
劇場公開して欲しいよ~と
いつも口先だけで言ってる私とはえらい違いです(笑)
公開が決まればいいですね!がんばってくださいhappy01

お久しぶりです。
ジェット・リー目当てで見た私にとって、シーンが少ないのが
ちょっと残念でした(^^:)
このシリーズは好きだったんで、かなり期待してただけに。

呉京、アンソニーさんのシーンは同じくニヤケてしまいました(^皿^)

>キャッツさん

お久しぶりです~~
李連杰の役は中盤CG化が激しかったですもんね~t-shirt
それでもまあ、
最後のあたりにちょっぴりあった格闘シーンで
やっぱりフォームがきれいだな~と思いつつ見てました。

アンソニさんはかなり美味しい役でしたよね~(笑)
呉京さんをもうちょっと出しておいてくれい!と言いたかったです。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/37238616

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』:

« 予告編いろいろ | トップページ | リリースが目白押し… »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.