ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『太子妃狂想曲』
    『四大名捕』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 『新・少林寺』(TVドラマ版) | トップページ | 李澤鋒クンin『大唐游侠伝』 »

2009年12月26日 (土)

『マスター・オブ・リアル・カンフー 大地無限』

1993年香港製作。
袁和平(ユエン・ウーピン)監督作品。

太極拳の伝説上の開祖、張三豊のお話です。
『新・少林寺』で見た顔が出てて楽しめました。

なんでこんな長い邦題つけるんだろ…。
原題の『太極張三豊』のままでいいのに~~。
と言うか原題の方がピンと来ますね。

またまた広東語でクワンボウ…て、誰やねん!
とツッコミましたが、そうそう、
『倚天屠龍記』に出てきた張君宝クンでした。

残念ながら、郭襄は出てきません。(笑)

主なキャスト…
李連杰(ジェット・リー)
楊紫瓊(ミシェール・ヨー)
銭小豪(チン・シウホウ)
袁祥仁(ユエン・チョンヤン)
于海(ユエ・ハイ)

以下ネタちょいバレあらすじ、感想です…。

クワンボウ(=李連杰)とティンボウ(=銭小豪)は少林寺で共に成長するが、達磨院で武術を習う選抜試験の際に問題を起こし、破門されてしまう。寺から放り出されて路頭に迷う二人だったが、野心に燃えたティンボウはビッグになることを誓い、軍人として悪徳宦官の配下になりダークサイドへ落ちていくのだった…。

これ『カンフー・カルト・マスター/魔教教主』と同じ年に公開だったんですね…だから、なんとなく、話のテンポとかツッコミ箇所に共通性を感じます。

ティンボウは少林寺に入門した頃から既にかなり生意気なガキだったんですが、仏教の教えに感化されることなく(?)そのまんま成長して、すっかり傲慢な大人になってしまいました…。それを『新・少林寺』での反派(悪役)っぷりが板についてた銭小豪さんが演じてます。こっちの映画出演の方が先な訳ですが、なんかどっちも似たような性格の役だなあ…。

一方、李連杰が演じるクワンボウは優しい性格で、ティンボウの良き友人としていろいろとサポートしてきたのですが、さすがにティンボウが悪徳役人の下で働こうと決めた時に、袂を分かち別の道を歩むことになります。

クワンボウがやってた太極拳は陳式っぽい気がする…。
…と言っても他の太極拳は楊式くらいしかわかりませんが。
でもどんな流派の武術の演武もキレイですね~
功夫明星の皆様…ほんと教則DVDとか出してくれないかな…
よく知らないオジサマ老師のビデオより絶対そっちの方が
やる気が出る…と言うか練習する気力が衰えないと思います…。
映画の衣装でやってくれるとさらにgoodなのですが…
どなたか企画してくださ~い!!
…で第2の『ビリーズブートキャンプ』を目指すのさ~
あ…、妄想にブレーキが効かなくなってきました
※どうでもいいけど、ビリー隊長は今大阪在住で、リアルブートキャンプ入隊ができるようになってるらしい…

おっとっと話が脱線しました。…そういや、
にこやかな于海さんが、今回はけっこう厳しい師父役だったので
ちょっぴり悲しかったです…。あ…ミシェル姉さんも頑張ってました。

じっくり見せるTVドラマもそれはそれでいいですが、テンポの速い展開はやっぱり見てて気持ちいいですね~。そうだよ、これが香港映画のいい所だよ~…(なんか『カンフー・カルト~』の時も同じようなことを言ってた気がする…

主題歌の「随縁」もなかなか「男児当自強」と曲調が似ていい曲でした。意外にもアマゾンで台湾版のサントラを発見。ちょっとそそられます。買おうかと思いました…。
随縁…縁に随うか~何だかいい言葉です。
自然のままに、なすがまま、ケセラセラ~って感じすかね?
善哉善哉…。

« 『新・少林寺』(TVドラマ版) | トップページ | 李澤鋒クンin『大唐游侠伝』 »

電影(映画)」カテゴリの記事

コメント

このころの李連杰(ジェット・リー)は好いですね、うっとり・・・
そうです、連杰の太極拳は「陳式」なんです。
なぜか。
陳式のほうがスピードがあってカッコいいからでしょう。

連杰の太極拳はちょっと・・・ですが、長拳とか剣とか槍とか教則DVD出して欲しいです。
古装のままでは足の動きとかよくわかりませんが、すてきでしょうね。

その昔、「映画で食べられなくなったら公園で武術でも教えて生きていこうか。」
この連杰の言葉を私はいまだに本気にしています(笑)

>菜々子師父
はい~、この頃李連杰はいいです~~
まだ「方世玉」のとか見てないので、
そのうち見てみよ~と思ってます!

>長拳とか剣とか槍とか
いいですね~~
槍は用意できないのでホウキとかで
やっちゃいそうですが…(笑)
私は棍がやりたいです(笑)

向こうじゃホントに引退した武打演員さんが
どこかの公園で教えてそうですよねぇ~^^

>功夫明星の皆様…ほんと教則DVDとか出してくれないかな…
大賛成です!
…でも素人にはマネ出来ないかも!

この辺の李連杰は良いですよね~!

>阿吉さん
やっぱり基本は柔軟性から!ということで
まずはストレッチ…
画面見ながら一緒に「1、2、3…」て
声を合わせながら圧腿ですね!
つらい圧腿もこれなら続けられる…(←妄想中^^;)

妄想ばかりで、実際は何もしておらず
運動不足です…(爆)

「ワンチャイ」シリーズも好きですが、この作品もかなり好きですね〜。サントラ買いましたよ(笑

>極虎さん

買われましたかサントラ!
私もかなりそそられてます!
意外(?)にも日本版も出てるので
入手困難になる前に押えておくべきか…(悩)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マスター・オブ・リアル・カンフー 大地無限』:

» ウォン・カーウァイ『欲望の翼』 [愛と苦悩の日記]
■ウォン・カーウァイ『欲望の翼』:3回目。1回目は学生時代、池袋の今はなき文芸座。2回目はその後すぐ。香港映画はカンフーだけではないと知った初めての作品。それも映画マニアの友だちのおかげ。新しい世界を僕に見せてくれるような友人は、退屈でみな似たりよったりのサラリーマンの中にはいないだろう。... [続きを読む]

« 『新・少林寺』(TVドラマ版) | トップページ | 李澤鋒クンin『大唐游侠伝』 »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.