ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『太子妃狂想曲』
    『四大名捕』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 甄子丹動作片秘笈 | トップページ | 『レッドクリフPart1』(原題:赤壁) »

2008年11月 2日 (日)

華流が日本で韓流を超えるのはまだ先…

中国サイトをぶらついていたら上記のリポートを見つけたので、日本語訳に挑戦してみました。でも、今回も怪しい内容です…。coldsweats01

原文はこちら↓
"华流"在日本超"韩流"尚需时日 明星号召力不足
(2008年10月30日 11:28 来源:東方早報)

追記:こちらにちゃんとした訳のがありました。
日本で「韓流」が「寒流」に 新たに「華流」が
(2008-10-30 | チャイナネット)
後で照らし合わせて添削してみようっと…。
ん?最後の方のが無いぞ…

--------------------------------

“韓流”の後に続き、ここ数年“華流”の文字も日本のメディアでよく見かけようになった。先日開催された“国際ドラマフェスティバル in TOKYO”で今まで海外未公開だった中国ドラマ『士兵突撃』が海外優秀ドラマ賞を受賞し、中国ドラマ不毛状態を突破した。これには“華流”は日本で本当に“韓流”を超えたのか?と多くの人を驚かせた。しかし、ドラマフェスティバルの取材を通じてわかったことは、“韓流”は落ち目なうえ、日本のドラマ自体も不振であり、“華流”が真に“韓流”を追い抜くにはまだ先のようだ。

現状:日本市場リサーチ不足の“華流”

2005年に台湾ドラマ『流星花園』が日本で華流の火付け役となった。これは日本の少女漫画が原作で各地で視聴率10%近く獲得し、最高視聴率は12%を超えたことも。更にDVDはオリコンランキングで首位の座に輝いた。しかし、『流星花園』の後に続く中国国内ドラマは鳴かず飛ばずで、今年の8月にフジTVで放映された『五星大飯店』の視聴率は平凡なものだった。同じく8月に『新・上海グランド』がTBS系列で昼の時間に放映されたが、視聴率はクォン・サンウ、チェ・ジウ主演の韓国ドラマ『天国の階段』に敗れたを上回ったものの、(但し『天国の階段』は日本で10回以上放映されている)皆が期待した『流星花園』後の華流に、あの『冬のソナタ』で日本じゅうを席捲した韓流ブームのような勢いは無かった。
今回のドラマフェスティバルで多くのバイヤーを訪ねたが、彼らは中国ドラマに対する知識不足を承知のうえで、タイトルを挙げることができたのは『流星花園』、『紅楼夢』、昔の『三国志』ぐらいだった。華流スターは日本市場で、まだペ・ヨンジュンやイ・ヨンエなどの韓流スターほどではなく、今回参加したプロデューサーは華流が日本で韓流を超えるのはまだ時期尚早だろうと語った。

なぜ“華流”は時期尚早なのか。長年日本で中国文化の普及に取り組む日中通信社の張社長は次のように語った。「中国ドラマは売り込むにあたって日本のドラマ市場の商慣行を熟知していません。日本のテレビ局は強力なスポンサーがついたドラマを望んでおり、日本市場に乗り込んだ韓国ドラマのバックには韓国政府の資金の存在があります。また、中国ドラマは依然として主にアナログ方式で撮影してますが、日本のテレビ局は既にデジタル化しており、画面で流すのに見劣りしてしまうでしょう。他に指摘されてるのは中国ドラマのストーリー運びがとても遅いことです。日本のドラマは通常10話前後でかなりタイトです。あの『三国志』も全60話を12話にまでカットされてしまいました。」

チャンス:日本ドラマの危機 韓流は“寒流”に変わった。

“華流”ドラマが日本で盛り上がるにはまだ時間が必要だが、チャンスは目の前に無いわけでは無い。娯楽が多様化するにつれて、ここ数年の日本のドラマ視聴率も大幅に下降線を辿り、ゴールデンタイムのドラマの平均視聴率は10%程度だ。視聴率アップを狙い、制作側はあの手この手で、人気漫画やベストセラー本をドラマ化している。昨年の視聴率ランキングのベスト10のうち半数以上が漫画が原作のものだ。すでに日本のドラマにとって必要不可欠なネタ元になっている。こうした人気漫画をドラマ化した作品は大抵いつの時代が舞台なのかはっきりしないラブストーリーで、時代を描く大作感には欠けている。ニッポン放送の重村会長は、こういった視聴率至上主義の姿勢が日本のテレビ界最大の悩みだと語った。さらに、日本のテレビ関係者は現在、社会派ホームドラマに注目しており、このジャンルの中国ドラマには見所が多く、前回のドラマフェスティバルに出品された『新結婚時代』のようなものが好評だと言う。都市部と地方の矛盾や、家庭内のトラブルなどが『新結婚時代』にはしっかりと描かれていて、東アジア地域には共感を呼べそうな似通った文化背景や社会問題などがまだ多くあり、中国や韓国の人々がこういった家庭の問題をどうやって解決するのかを、日本の視聴者にも見てもらいたいと語った。中国の社会派ホームドラマが更に良いものになれば、将来は中国ドラマの日本進出への新たな突破口になるかもしれない、と重村氏は見ている。

また別の面では、“ぺ・ヨンジュン時代”が次第に過ぎ去り、韓国ドラマは日本で本当の“寒流”へと変わりつつある。ドラマフェスティバルの古山営業企画部長は、「ここ数年テレビで放映した韓国ドラマはどれも赤字です。韓国ドラマの内容は現実社会を反映した作品がだんだん少なくなり、日本と同様に漫画原作のものが多くなってきました。」と語った。重村氏は“韓流”は衰え、“華流”がチャンスを物にできるだろうと感じている。

参考:韓国ドラマのように、まずはDVD市場を狙え

チャンスがあれば、中国ドラマはいかに日本市場を攻めるべきだろうか。長年海外へのドラマ販売を手がけ、以前、『臥薪嘗胆』などの古装ドラマを日本に高値で売り込みに行った范冰冰のマネージャーでもある穆暁光氏に聞いてみた。
「中国ドラマが日本に進出するには、やはり古装がメインになるでしょう。外国人は中国の古代文化を好むので『三国志』、『西遊記』、『紅楼夢』などの名作は海外のバイヤーにもウケがいいですね。日本、他の国にかかわらず、海外でのマーケティング戦略をたてる必要があります。例えば有名人や、よく知られた話などを題材にして制作前に大いにアピールすることができれば、希望売り出し価格とドラマ完成後の販売価格はそれほど変わらないでしょう。今だったらCCTVの『李小龍(ブルース・リー)伝奇』とか。日本人はブルース・リーをよく知ってるので、大々的に海外に向けて売り込むと良いでしょう。一部のドラマは撮影終了まで待たねばなりませんが、完成後しばらくしてから海外で販売するのです。例えば范冰冰が以前出演した『胭脂雪』は撮影終了後、すぐには海外へ売り込めませんでした。『胭脂雪』のストーリーは全く新しいもので、主役の范冰冰以外、他の俳優は海外での知名度が低かったので、海外向けのPVを作り、海外ドラマ市場の実情に合わせて編集する必要があったわけです。

中国ドラマは韓国ドラマの日本市場攻略法を参考にして、まずはDVD市場が目標でしょう。実際、韓国ドラマの人気が出たのは、先に日本でたくさんのDVD商品が土台になっていたからです。日本のオバさん世代は普段、暇な時には家でDVDを観るのが好きですから、韓国ドラマは市場を見極めて、テレビ局に売り込まず先にDVD市場に乗り込んだのです。その結果韓国ドラマはブームになり、日本のテレビ局はやっと韓国ドラマを大量に投入し始めました。韓国ドラマが日本でブームになった時、『天国の階段』の日本版DVDの印税収入は一億元(約15億円)あまり。この金額は中国ドラマにしてみれば破格であり、“華流”を盛り上げるには日本でまずDVD市場を狙うと良いでしょう」とのこと。

------------------------------------

以前に比べたらちょっとはスムーズに訳せるようになったと思うのですが、まだまだわからない所がたくさんありました。

而有的电视剧则是要等拍摄完毕以后,或者拍完过一段时间才倾销到海外,

ここの箇所がよくわからず適当に作文しています(笑)よくわからないので、やはり変な文章になってますね…sweat02

打败了

…も辞書には1、打ち負かす2、負ける・敗れる、とどちらの意味もあり、勝ったのか負けたのかは文脈で判断するしかないんでしょうか…??1か2か見分けるコツでもあるのでしょうか?

さて、この記事を読んでの感想ですが、
う~んホームドラマですか~~~。
『士兵突撃』はどこかの局が買ったのでしょうかね?『海猿』の軍隊版のような感じなのかな?どちらにしても、あんまり興味ないな~(笑)

むしろ、穆さんの「売り込むなら古装だ」に賛成~。中国ドラマの醍醐味はやっぱりスケールのデカさだと思うんですよね~。その点古装ならしっかり描けると思います~。まあ確かに全40話とかになると、よほどストーリーがしっかりしてないと間延びした感じを受けるので、テンポの良い作品に仕上げて欲しいところです。(やっぱり理想は15話くらいのものが体力的・経済的にベストではありますが…)

« 甄子丹動作片秘笈 | トップページ | 『レッドクリフPart1』(原題:赤壁) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『新結婚時代』はうちの中国語の先生も「すっごく面白いよ~!」といっていましたが、私もやっぱり古装の方がぐっときちゃいますね~coldsweats01
ただ、日本ではワイヤー嫌いな人が多いみたいだから、派手なアクションが控えめな歴史系がいいでしょうね・・・。
今度の「赤壁レッド・クリフ」がブレイクしてファンが増えるといいですよね~。淡い期待ですけれどdespair
韓国モノなんて100話でも結構人気あるみたいですし、話数は問題にならないんじゃないかしら。
私としては、バイヤーさんには「少年楊家将」をお薦めしたいですね~。
あれなら日本でもウケそうです。

>しろつばきさん
さすがに100話は体力がいりそうです~(笑)
好きな俳優さんが出てたら耐えられそうですが、
『朱蒙』で息切れ気味なので…
でもあともうちょっとで最終回!がんばるぞ~(笑)
『少年楊家将』は江湖の噂で日本版が出るかも知れない…と、どこかで聞いたような気がします。
リリース決定するといいのですが。
うまく売り出せばヒットしそうですよね~
イケメン勢揃いですし~。
NHKとかそろそろ韓流枠で放映してくれないかな~(笑)

アマゾンでこんなの見つけました!
少年楊家将オリジナル・サウンドトラック
ですって!
2008年12月17日リリースなんですと!
なぜサントラCDだけ!?
…ということはやはり本編DVDもリリース!?
ドキドキ…happy02

>なぜサントラCDだけ!?

本当に不思議ですね~?
いい曲が多かったから?
私は、観終わったあと、サントラが欲しくてたまらなくなって、中国版のを手に入れちゃいましたものcoldsweats01

>NHKとかそろそろ韓流枠で放映してくれないかな~(笑)

ですよね~。
吹き替えでもいいから放映して欲しい~catface

打败了

…も辞書には1、打ち負かす2、負ける・敗れる、とどちらの意味もあり、勝ったのか負けたのかは文脈で判断するしかないんでしょうか…??1か2か見分けるコツでもあるのでしょうか?

>打败了という言い方があまり使わないと思いますが・・・一応、1、打ち負かす の意味になる場合はその後ろには直接目的語がつく時に限られるでしょう。
打败了【誰か、何かマイナス要因】、eg:我打败了孙悟空。(俺は孫悟空を破った。)
我打败(ここにはやっぱり战胜を使ったほうがずっといいかなぁと思う)了我的懒惰。

>しろつばきさん
おっつそんなに『少年楊家将』の音楽っていいのですか!
期待大ですね~。
やっぱり音楽がいいとドラマ自体も盛り上がりますもんね~。
いや~ほんとにDVD出そうな気がしてきました!
楽しみだな~。
待った甲斐があるといいなあ…。

>allenさん
今回もありがとうございます~happy01
allen老師!来てくださると思ってました(笑)

なるほど~この場合、目的語に“『天国の階段』のドラマ”があるから、“勝った”っていう意味になるんですね。
よくわかりました!明白了,謝謝!

ちなみに我不战胜我的懒惰です…呵呵coldsweats01
ん?我战胜不到我的懒惰か…
あれ?我不能战胜我的懒惰かな

不客气^^

我战胜/克服不了我的懒惰/惰性。

これでどうです?

>allenさん
どうも!
可能補語は不了でしたか~。
いつも不到か不得か不了なのかで
悩むんですよね~。難しい~~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/24963995

この記事へのトラックバック一覧です: 華流が日本で韓流を超えるのはまだ先…:

« 甄子丹動作片秘笈 | トップページ | 『レッドクリフPart1』(原題:赤壁) »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.