ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『隋唐演義』
    『傾城の皇妃』
    『二人の王女』
    『諍い女たちの後宮』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 『中華英雄伝』DVD | トップページ | 字幕版『神雕侠侶』 »

2008年2月16日 (土)

日本で西毒誕生だって

日本の流行文化を研究されている香港?の呉偉明教授のブログ、『知日部屋』での記事によると、日本の地方政治には「東邪西毒」がいるんだって。それは誰かというと、西毒=橋下大阪府知事、東邪=石原都知事なんですと。う~ん言い得て妙!?こういう武侠ネタが理解できるようになってちょっと嬉しいこの頃でした。

西毒誕生:大阪府知事橋下徹の記事(中国語)

他に
日本における金庸武侠小説の受容の記事(日本語)
など、興味深いレポートもあります。
関東・関西幇会まで紹介されてるよ…スゲー…。

« 『中華英雄伝』DVD | トップページ | 字幕版『神雕侠侶』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当だ!関東・関西幇会のことが書かれてますね!
すっごい!

金庸が吉川英治ですか~
国民に愛されてるし、そうかも~!と思ってしまいました。

『知日部屋』懐かしいです!
私のブログのデザインのTOPのイラストは
インヤンさんと言う方が金庸先生に1998年ぐらいに
英語でファンレターを送られていて、その葉書に自分で描かれた
イラストを使われていたのですが。
その葉書が『知日部屋』に取り上げられていたのです。
そう「日本における金庸武侠小説の受容」という記事です。
そのイラストを私が気に入って『知日部屋』に載っていた画像から、
住所を判別して使用して良いか手紙を送ったんですよ。
個人情報だだもれですが、、いいんでしょうか?
懐かしいいい。あのイラストの使用OKが出てから
ブログ制作を開始しました(笑)

で(笑)この記事ですが東邪が石原知事・西毒が橋下知事
中国に対してあまり礼儀正しくありません。
とかなんとか書かれてますね、、。

では北乞・南帝・中神通はだれでしょうかね。
南帝はこの流れから行くと、東国原知事でいいですかね。
いっそツルッとしていただければ、、、。

なんだか、確かに本来の字の意味からは正しいのかも知れませんが、
本物の東邪西毒と比べると、あまりにも格が違うし俗っぽいという気がしますね(^^;
名前がもったいない。
せいぜい「東斜西螙」くらいがふさわしいんじゃないかと。
(がんばって音をそろえてみました)

>たくいたさん
まやさんたち、台湾デビュー!?されたそうですから
新たに日本の武侠迷として紹介されるかもしれませんね~(笑)
吉川英治さんの『三国志』いまだきちんと読んでないんですよね~。いつか完読したいものです…
そう言えば劉備と呉越さんて同郷ですよ!(笑)
初期の『神州天馬侠』とかも読んでみたいですね~「侠」の字にそそられます~。

>洪八公さん
あ~そうなんですよ、この記事随分前に読んだんですが、洪八公さんのタイトル画像、どこかで見たような気がするけどどこだったっけ…と思ってたんですよね~。ステキなイラストです…って、え~あんな小さな文字、よく解析できましたね!さすが洪八公さん!スゲー。

まぁ橋下さんも今までいろんなこと言ってますから、石原さん同様良くは思われてないでしょうね~(笑)

>Manboさん
「東斜西螙」ですか~「螙」の字が読めません~(笑)
わかってますよ!Manboさんにとっての東邪No1はもちろん于承惠さんです~~。

すいません、これは「邪(xie)」と「毒(du)」で音をそろえたつもりでした(^^;
斜:傾いている
螙:虫食いのことです。日本語読みなら「と」ですかね。
まあざわざ解説するのもアレというか、お粗末さまでしたm(_ _)m

ふたばさんには意外に思われるかも知れませんが、
>Manboさんにとっての東邪No1はもちろん于承惠さんです~~。
これは残念ながらハズレです。
私、神雕侠侶は観ていないので、干承恵前輩に黄薬師のイメージはぜんぜんないんですよ。
(やっぱ東邪といえば曹培昌のイメージですね)

>Manboさん
あ…『神雕侠侶』未見でしたか。
う~ん確かに爺好きのManboさんにとって
黄暁明版『神雕侠侶』は于承惠さん以外
食指が動かないかも…@@
『射雕英雄伝』よりは
スピード感が落ちたような
気がしますから…。
ビジュアル度は
アップしてますけど…。

そうなんですよ!
凄いですよねえええ自分で描かれているんですよ。
すごく素敵なイラストで、賞を頂いたイラストだそうです!
インヤンさんも素敵な方で太極拳をやられています
(会ってはないのですが)
「クレジットいれてもらえれば、どうぞお使いください」
とお返事いただき、とても優しい方でした。
今はブログの更新が止まっているので、心配しています。

いちおう誤解を解いておきますが、
私が武侠ドラマを観るのは別に爺だけが目的というわけではないですよ(^^;

>洪八公さん
賞ですか!すごいですね~。
金庸先生に送られるとは、相当なファンですね~。
私も呉越さんのブログにコメント入れてみたいんですが
未だに“ふたば”のハンドルネームを漢字にするべきか英字にするべきかで迷って、達成できておりません…。(笑)平仮名のままじゃ読めないだろうし…う~ん。

>Manboさん
これは失礼しました…(^^;)
良かったらまたいつか『神雕侠侶』にも挑戦してみてください(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/10555386

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で西毒誕生だって:

« 『中華英雄伝』DVD | トップページ | 字幕版『神雕侠侶』 »

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.