ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『謀りの後宮』
    『武則天』
    『歓楽無双』
    『風中の縁』
    『王の後宮』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の6件の記事

2007年10月14日 (日)

Yahoo動画で「八人の英雄」

最近、検索ワードで「八人の英雄」(原題:八大豪侠)が上位に上がるのでなんでかな~と思ってったら、今Yahoo動画で配信中だったんですね~。おお~初のメジャーサイトでの武侠ドラマ配信ではないですか!

しかも無料~!王晶監督ならではのコメディ系武侠ドラマなので好みが分かれる作品かも知れませんが、そこそこ面白かったですよ~これ…。レビューではワイヤーアクションが無い方が良い…のような書き込みがされてますが…(笑)

でも途中から有料になったりして…。そう言えば、「聊齋~リョーサイ~」の小倩編がいつの間にか有料に変わってるし…。今のうちに他の無料ドラマもの早く見とかないと~。

「八人の英雄」過去記事はこちらです。

続きを読む "Yahoo動画で「八人の英雄」" »

2007年10月12日 (金)

こんなん欲しいよ〜

自称莫大先生の弟子(笑)、ふたばがなにげに独り言…。
「もしも、こんな楽譜あったら絶対買わせて頂きます。」
絶対二胡で弾きたい!武侠ドラマバックに簫峯&阿朱入れてみました〜
海の向こうの本屋or楽器屋さんにはこんなん、売ってあるんだろうか…。ビートルズさえ世界初…と謳ってあるのでたぶん無いだろうな…。そう言えば「三味線で弾く・人気ドラマ主題歌曲集」みたいな楽譜、見た事無いし…。(笑)
もし、出版されても買うのは私ぐらいしかいないかも〜。いやいや、二胡やってる人はたぶん中華な文化にも、興味があるはずですよ、たぶん…。あ…何も国内向けに作らなくても、中華圏に輸出すれば、売れるのでは…!楽譜業界の方!お願いしますよ〜(笑)

ついでに他のも紹介させて頂きますので…。
絶対弾きたい二胡シリーズ、絶賛発売中!


TVドラマ版「セブンソード」のED曲「空船」なんか二胡に合いそう〜。一番弾きたいのはやっぱり「射雕英雄伝」のOP曲「天地都在我心中」かな〜。

2007年10月 5日 (金)

武侠まつりin京都! 記念幇会編

シンポジウムの時間が押したので中村座を出ると映画村は既に営業終了…コスプレの人達もすっかりいなくなってました。タクシーも撤収したらしく、一同は太秦駅へ徒歩でぞろぞろ移動。たくいたさんが生徒達を引率する学校の先生のように誘導。太秦駅から電車で記念幇会会場へ向かいます。ここで二条駅組と京都駅組に分かれます。阿吉さん、ミタさんとはここでお別れでした。阿吉さん、あんまりお話できず残念でした。カンフー扇のお話、したかったです。ミタさんにはたぶん自己紹介すらできてなかったような…すみません(汗)

二条駅で降りたDさん、まやさん、モリーさんと私は、電車が苦手と言うDさんの一声でタクシーに乗り込み、記念幇会の会場の側にあるDさんの宿泊先へと向かいました。さっそく一人当たりの運賃を算出しようとするまやさんに、「私が勝手に言い出したんだから」とさっと支払う太っ腹なDさん…お言葉に甘え、ありがとうございました。しかも降りる時に「お釣りはいらないから」さらっと一言。そ、そんなセリフ…まるでドラマじゃん。「ここは日本ですよ〜!」と言うまやさんを尻目に颯爽とタクシーを降りるDさん。運転手さんが、【そうゆうの売上の違算が出るから困るんですわ…】というような顔をしながらお釣りを返そうとするので、とりあえず受け取ってお釣りをDさんに渡すと「小銭で(財布が)重くなるのがいやなのよね〜」と、これまたちょっと迷惑そうな様子。思わずのけぞりました。阿吉さ〜ん、Dさんはやはりセレブですよ〜!…隣で「これで伝説がまた一つ…」と呟くまやさん。どうやら他にもいろんな伝説がありそうです!

タクシーを降りると、そこはベルボーイが迎えに来る一流シティホテル。私にとっては披露宴に招待された時くらいしか縁のない場所です…。高級な雰囲気に呑まれる私…。Dさんの部屋に入って、モリーさんもしきりに「いい部屋ですね〜」ほっ…同類ですねモリーさん。窓からは京都の夜景が美しく煌めいてました。部屋で一休みして4人で談笑していると八雲大前輩から、会場に金庸迷の部屋メンバーが到着しないのを心配してか電話が入りました。いつもいつも気にかけてもらってすみません〜。八雲さんは気配りの人です…!急いで会場へ…いよいよ記念幇会です!

続きを読む "武侠まつりin京都! 記念幇会編" »

2007年10月 4日 (木)

武侠まつりin京都! 映画村編

いよいよ当日、京都駅で皆さんと待ち合わせです。
電車が京都駅に着き、中央改札口の方へ急ぐと、まやさんから西口のキヨスクの前で待ってますとメールが。皆さんとの対面にドキドキしながら西改札口へ。そこにはグレーのワンピースを着た素敵な女性が…!
まやさんは噂どおり、深い教養が滲み出る才色兼備な方でした。「尋秦記」でいうと琴清タイプ!
他の皆さんの到着を待ちながら、前夜祭の様子をまやさんから教えてもらいました。九州の洪八公さんに、全国の武侠迷の相関図を作ってもらえるという話を聞いて、私もついに全国区デビューかぁぁ(笑)と嬉し恥ずかし思いをしながら、待っていると、金庸迷の部屋の方々が登場!キュートな魅力のしうぐーさんに誰が誰か教えてもらいながら太秦方面行きのホームへ移動。たくいたさんとモリーさんは以前見たブログの写真ですぐわかったのですが、顔と名前を憶えるのが苦手な私は初対面の緊張も相俟って電車の中ではぎこちなく固まりぎみ…。

続きを読む "武侠まつりin京都! 映画村編" »

武侠まつりin京都!への道のり

ある日、googleアラートで“金庸”のキーワードで新たにひっかかった検索結果のメールが届きました。そこには<金庸先生がシンポジウムに出席>というゲーム系情報サイトの記事があるではありませんか!なんとあの武侠小説の大御所、金庸先生が来日!?仮にも武侠ブログを書いている身としては、これはさっそく記事をアップして天下の武侠ファンに広〜く知らせないと…!という使命にかられ、焦って記事をアップ。

…が何をするにもトロい私。日付は夜の12時を過ぎ8月2日に。でもまあ私にしては早くアップできたなと(笑)一仕事終えた満足感に浸った後、就寝。翌日、ブログをチェックしていると…なんとDさんからコメントが!びっくりしました〜。なんせ訪れてくれる人も、更新も少ない寂れたブログですから…。(^^:)しかも「良かったら一緒に行きます?」なんてお誘いまで!ま…マジですかァ〜?という思いにかられ、Dさんのブログにお邪魔すると、そこには多数の武侠ファンの方々が集う、楽しげな空間が…!ど…同志がいっぱいだ〜(笑)
皆さんとても楽しそうだったので、お仲間に加わりたいと、とうとうチャットの方まで押しかけてしまいました。
お陰で、京都で開かれるオフ会にも誘って頂き、待ち遠しくて、落ち着かない日々が続きました(笑)
《映画村編へ続く》

国際クロスメディアシンポジウム

あいかわらずブログ記事のアップが遅いふたばですm(__)m
雨が降りしきる9月30日の京都東映太秦映画村! 立命館大学映像学部主催による「国際クロスメディアシンポジウム」<歴史創作の魅力を探る〜アジアンエンタテインメントの展望>に参加して来ました。長いタイトルで、“歴史創作”って何?と思いましたが、要するに“時代劇”のことだそうです。
メインの金庸先生は持病による体調不良で急遽来日がキャンセルになったことが前日に参加者へ知らされ、無茶苦茶残念でございました(T.T)…で、金庸先生の側近の孫立川という方が代理で先生の原稿を代読という形になりました。その後、急遽セッティングされた岡崎由美先生と孫さんの武侠対談が行われ、シンポジウムの1部が終了。2部はNHK大河のプロデューサーの方やゲームメーカーのコーエーの方のプレゼン…という具合でした。

同時通訳の人がどうも武侠になじみがないようで、孫さんの喋るスピードに追いつけなかったり、途中つまったりで、左耳から生の中国語、右耳に装着したヘッドセットからはスムーズじゃない日本語が入って来て、しかもメモりながら聞くと、なんだか集中できなくなり…わかったような…わからんような……トホホ〜
でもご安心を。私の拙い文章よりもプロの方がきちんとまとめておられますので、詳しくはそちらをご参照ください(なんて投げ遣りな私…すみません^^;)

■オンライン&PCゲーム情報サイト4gamer.net
「映画界,テレビ界,そしてゲーム界の代表が歴史創作の実情と魅力を語る,「国際クロスメディアシンポジウム」レポート」
いやぁ…素晴らしいレポートです。行かなくてもこれで充分に内容がわかります!
■ライブ台湾
「金庸先生 シンポジウムの様子」
とてもすっきり、簡潔にまとめられています。
■関西幇主八雲慶次郎さんのブログ
「国際クロスメディアシンポジウム&金庸先生来日記念幇会までの軌跡のこと」
イベントの舞台裏がわかります。運営された方々、お疲れさまでした〜!

参加された武侠迷の方々のブログでも熱いレポートがされてると思いますので、サイドバーの武侠迷blogリンクをご参照ください!

続きを読む "国際クロスメディアシンポジウム" »

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

   只今、充電中。

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.