ようこそ 歓迎光臨

  • 武侠ドラマ・小説がメインな
    ミーハーファンブログです。
    カンフー映画も功夫明星さんも
    大好きです!!
    by博主:ふたば
    ↑何かありましたら
    こちらまで。

    現在…
    『謀りの後宮』
    『武則天』
    『歓楽無双』
    『風中の縁』
    『王の後宮』観賞中
    『浣花洗剣録』
    『水滸伝』放置中

    ・ブログ記事との関連が無い
    トラックバック・コメントは
    削除することがあります。
    ご了承ください。

    ・過去記事でもどうぞご遠慮なくコメントくださると嬉しいです。

武侠迷友リンク

« 武侠まつりin京都! 映画村編 | トップページ | こんなん欲しいよ〜 »

2007年10月 5日 (金)

武侠まつりin京都! 記念幇会編

シンポジウムの時間が押したので中村座を出ると映画村は既に営業終了…コスプレの人達もすっかりいなくなってました。タクシーも撤収したらしく、一同は太秦駅へ徒歩でぞろぞろ移動。たくいたさんが生徒達を引率する学校の先生のように誘導。太秦駅から電車で記念幇会会場へ向かいます。ここで二条駅組と京都駅組に分かれます。阿吉さん、ミタさんとはここでお別れでした。阿吉さん、あんまりお話できず残念でした。カンフー扇のお話、したかったです。ミタさんにはたぶん自己紹介すらできてなかったような…すみません(汗)

二条駅で降りたDさん、まやさん、モリーさんと私は、電車が苦手と言うDさんの一声でタクシーに乗り込み、記念幇会の会場の側にあるDさんの宿泊先へと向かいました。さっそく一人当たりの運賃を算出しようとするまやさんに、「私が勝手に言い出したんだから」とさっと支払う太っ腹なDさん…お言葉に甘え、ありがとうございました。しかも降りる時に「お釣りはいらないから」さらっと一言。そ、そんなセリフ…まるでドラマじゃん。「ここは日本ですよ〜!」と言うまやさんを尻目に颯爽とタクシーを降りるDさん。運転手さんが、【そうゆうの売上の違算が出るから困るんですわ…】というような顔をしながらお釣りを返そうとするので、とりあえず受け取ってお釣りをDさんに渡すと「小銭で(財布が)重くなるのがいやなのよね〜」と、これまたちょっと迷惑そうな様子。思わずのけぞりました。阿吉さ〜ん、Dさんはやはりセレブですよ〜!…隣で「これで伝説がまた一つ…」と呟くまやさん。どうやら他にもいろんな伝説がありそうです!

タクシーを降りると、そこはベルボーイが迎えに来る一流シティホテル。私にとっては披露宴に招待された時くらいしか縁のない場所です…。高級な雰囲気に呑まれる私…。Dさんの部屋に入って、モリーさんもしきりに「いい部屋ですね〜」ほっ…同類ですねモリーさん。窓からは京都の夜景が美しく煌めいてました。部屋で一休みして4人で談笑していると八雲大前輩から、会場に金庸迷の部屋メンバーが到着しないのを心配してか電話が入りました。いつもいつも気にかけてもらってすみません〜。八雲さんは気配りの人です…!急いで会場へ…いよいよ記念幇会です!

会場には既に大勢の武侠迷が集ってかなりの熱気が立ちこめてました。テーブルにはしうぐーさん、たくいたさん、モリーさん、705号さん、Dさん、くじらさん、私が着席。残念ながらまやさんとまやさんの後輩さんとは席が離れてしまいました。Dさん曰く、まやさんは外務大臣の職に就かれ関東、関西両幇会との連携を使命に外交活動を華々しく展開されたそうです。ありがとうまやさん…!

と、そこへ我らが岡崎由美先生が入ってこられました。否が応でも盛り上がる幇会会場。ここで来賓の皆様の紹介が。日本での武侠研究の第一人者、岡崎先生を筆頭に、金庸シリーズを出版されている徳間書店さん、高品質な武侠ドラマを提供されているMAXAMさん、武侠ブログの重鎮の吉梨さん、関東幇主宣和堂さん、今回の幇会を統括されている関西幇主八雲さん…と本当に錚々たるメンバーです。

さっそく岡崎先生への質問コーナーが設けられました。
Q:ぶっちゃけ新訂版の評判はあちら(中華圏)ではどうなんですか?
A:う〜〜ん…もの凄〜く大大大好評〜!!…とは言えないところもあるかも知れませんね…と控えめなお答え。
Q:周伯通(しゅう・はくつう)が関西弁なのは何故?…とたくいた隊長、切り込みます!えらい!
A:「射雕英雄伝」の翻訳を担当された金海南さんが京都在住で、翻訳された原稿を見てみると関西弁で書かれてたので、それを採用しましたとのこと。但し京都弁と大阪弁がちゃんぽんになってたのでそれを修正…ちなみに原文はきれいな北京語だそうです…
Q:大学行かなくていいんスか?
A:研究のために古龍の母校である台湾の淡江大学の武侠小説研究室に冬の間の半年間在籍予定なんで、現在はサラリーマンで言うと1年間有給休暇状態なんだそうです…ううすごい…。淡江大学は中華圏で唯一武侠小説の研究室がある大学らしいです。
■嬉しい耳より情報
いつか武侠小説を教材に使って中国語教本などを企画したいとのこと。出版されたら絶対購入しますよ!!

その後、MAXAMさんへの質問と続き、武侠ドラマを世に出した経緯などを熱く語って頂きました。
さらに図々しくもみんなで岡崎先生にサインをねだり、なおかつツーショット写真をとってもらいました。もう家宝です。気軽に応じて頂きました岡崎先生、ありがとうございました〜!!最高の思い出です!
それにしても、みんなお昼はラーメンだけだったので、空腹度合いはMAXに…食べる、食べる…!和やかに談笑されている他のテーブルの方々を差し置いて、目の前に出された料理は一瞬にしてみんなの胃袋へ…(笑)ついには他のテーブルから差し入れが入る始末…。気を遣って頂いてありがとうございます…。本当に楽しいひとときを過ごす事ができました。感謝、謝謝、多謝〜〜です。

最後に…
くじらさんに「はえぬき」は最高だ!とのご教授を受け、新米をさっそく買ってみたいと思います。705号さんに「7階に住んでるからですか?」と間抜けな質問してすみません…名前の語呂合わせだったんですね…。しうぐーさんが修哥さんだとは…!なるほど〜。モリーさんお城の蘊蓄、参りました。兵庫県人として姫路城の素晴らしさを再認識致しました。たくいたさん、中国語再チャレンジ頑張ってください!まやさん、終電の時間の心配までいろいろと配慮頂きありがとうごさいました!最後にDさん、お声を掛けて頂きありがとうございました!Dさんのおかげでこんな楽しい皆さんと出会う事が出来て本当に嬉しかったです。途中で抜けるのがとても残念でしたが、みなさん総出で見送って頂いてありがとうございました。m(__)m

« 武侠まつりin京都! 映画村編 | トップページ | こんなん欲しいよ〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハードな日帰りプランで、お疲れさまでした!!!

そして分かりやすい岡崎先生質問コーナーのまとめ、ありがとうございます。
幇会での席が離れてしまったのであまりお話しできませんでしたが、同じ関西人同士、
今度は大阪辺りで宴会を企画して武侠ネタをゆっくりお話ししましょうね~~!!

お疲れ様でした!
同じ兵庫県人同士、今度は関西幇会でもよろしくお願いします!

セレブなんて・・・本物のセレブが聞いたら怒りますよ~。

あれには、実は、理由があるのです。
まず、タクシーですが、私の我侭だったので、仕方がないです。
それから、おつり・・・・。
実は、私の持っている数少ないブランド品の中で、(五本指を数えたって、かなり余ります。)
お財布は、娘が誕生日にプレゼントしてくれたものなの。だから、型を崩したくないというか・・・。
普段は、カードでお買い物をしているので・・・・・・と書くと、また誤解を呼びそうですが、
私の、カードはポイントがキャッシュバックになる優れ物なの。
だから小銭が、たまる事がめったにありません。
カードを使用できない所で小銭を貰ったら、すぐに家の500円玉貯金箱にいれて、それが一杯になった時に、一人、ニヤニヤしています。
ただ、今回は次の日も出かけなければならなく、どこに保管しておこうかという問題があったので・・・。
それにおつりも120円だったから・・・。これが500円だったら、貰いましたよ、もちろん!

それから、ホテルの件ですが・・・
詳しくは書けないのですが、実は阿吉さんのホテルと同じ金額くらいで泊まっていました。

伝説とは、きっと美容院の事でしょうね・・・・。
でもねぇ・・・・これって趣味なんですよ~。みなさんが、趣味にお金を遣う事と同じです。

ということで、長々と失礼しました~~。

お疲れさまでした~。
是非、鉄扇買ってください(笑)
で、八雲さんに点穴のことを教えてもらって、
鉄扇振り回せば怖いものなしですよ~。

Dさんの泊まったホテルの部屋、見たかったです。
私は急に決めた29日宿泊のホテルで、あまりにも
狭いバスルームだったため膝をぶつけ、たいそう
でっかいあざが出来ました(笑)

やっぱり当日、会場でやる事が多くて、
「碧血劍」見なくちゃ!とか、
岡崎先生見なくちゃ!とか目が泳いでましたね。
ふたばさんとは1日だけだったので
目の前でラーメン食べながら
「エヘヘ」「ウフフ」
とハニカんでたら終ってしまいました。
自分から突撃すべきであったと深く反省。

今度、「カンフー鉄(!)扇」やりましょうね!
そして江湖の悪を倒すぞー!(笑)

Dさんは絶対セレブです!
誰が何と言おうとセレブに決めた!
金持ちぃ~ってんじゃないですよ。
生き様がセレブです!

うお〜〜〜っそんな質問コーナーが、、、(((・_・

周伯通の大阪弁はそういう事だったんですね。
今ではあれが普通に感じます。

武侠小説研究室学んで見たいです、

MAXAMさんの熱い語りも聞きたかったです。

まやさんはそんな中でサインを貰ってくれたんですね、、
感謝です。

残念ひじょおおうに残念でした、、。
もうこんなチャンスはないと思います、、、くううっ
武侠の教材出たら私も買います!!

>まやさん
一泊してたらもっとゆっくり皆さんとおしゃべりできたんですが…連休が取りづらい職場なので…
大阪なら電車1本なので出やすいです!集まりたいですね〜!!
次は大阪幇会ですか〜!?わ〜い!

>八雲幇主様
シンポジウム&記念幇会、お疲れさまでした!
もうすぐ桃花島ツアーへ行かれるのですよね…すごい…

>Dさん
そんなに必死に弁解しなくても〜(^^;)
Dさんを見ればわかりますから…
阿吉さんの太鼓判も頂いたし(笑)

>しうぐーさん
そうですね鉄扇を手に入れて、点穴の修行を始めねば!(笑)
こんな鉄扇持ってたらすげー怪しい人だ…欲しがる人いるかな〜?
とりあえず、普通のタイプのを買おうかな…(笑)

>阿吉さん
やっぱりDさんはセレブですよね〜(笑)
阿吉さんの足を引っ張らないためにも
カンフー扇、しっかり習得しないと…(汗)

>洪八公さん
MAXAMさんのお話では、最初、「風雲」が面白かったので、ドラマ版をリリースしたところ結構好評だったことから、第二のヒット作を探して、スカパーの大富チャンネル(だったかな〜)で「射雕英雄伝」を放送してたか、紹介してもらったかで、とにかく最初のオープニング曲から…ストーリーから…心を鷲掴みにされてしまったので、上司を騙くらか…いえいえ、説得し、当時中国ドラマでは珍しく全話完全収録版にして、吹き替えも入れ、さらに中国語字幕も付け、フル装備で販売したそうです。しかしその頃世の中は韓流ブームの真っ最中。当初あまり売れず、会社に居辛い状態になっていたところ、スカパーのチャンネルNECOさんで放映されることになり、おかげさまで今日に至っています…というような内容だったと思います…。

そうかそうか、、うんうん(T_T)
そんな苦労話が、、そりゃあ同時の韓流ブームは
氷川ばりで凄まじかったですからね〜〜。
偉いです、、泣けてきます。
何事もあまり知られていないものを商業ベースに
乗せる決断は勇気がいりますからね(_ _)うんうん。
最初にナマコを食べた人も凄いとおもいますが(笑)

>洪八公さん
MAXAMさんには今後も面白い武侠ドラマのリリースを願ってやみません。…でも、私は懐具合が心配…。

ナマコ…食わず嫌いです…。なめこなら食べられますが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92126/8240205

この記事へのトラックバック一覧です: 武侠まつりin京都! 記念幇会編:

« 武侠まつりin京都! 映画村編 | トップページ | こんなん欲しいよ〜 »

   只今、充電中。

無料ブログはココログ

  • 当ブログに掲載,している画像・映像は一部を除いて、全て各社・団体などに帰属します。
    -------------
    ・このブログの推奨環境
    ・Windows7~
    ・MacOSX10.4~
    -------------
    ・Internet Explorer8.0~
    ・Firefox2.0~
    ・Safari2.04~
    ・Google Chrome
    -------------
    Copyright(C)
    2006-2017 Futaba.
    All rights reserved.